ユニチカは、立体賦形可能なポリエステルスパンボンド不織布の用途開拓に乗り出す。昨年稼働したタイのタイ・ユニチカ・スパンボンド(タスコ)の3号機で生産するもので、芯鞘構造の繊維を用いることにより、熱プレスで成形できる。このほど熱圧着設備や裁断機も導入し、板状で出荷できる体制を整えた。自動車のエンジンカバーやフェンダーライナー、アンダーカバー、天井裏材などの用途に提案を始めている。家具など自動車以外もターゲットとしており、年内には一部用途での採用獲得を狙う。

立体賦形可能なポリエステルスパンボンド不織布を用いた試作品

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る