合成紙「ユポ」を展開するユポ・コーポレーション(東京都千代田区)は環境対応の合成紙製品を拡充する。粘着剤付きラベルの剥離紙や樹脂使用量削減に寄与するインモールドラベルに、PET(ポリエチレンテレフタレート)容器に対応可能な新ラベル基材を開発。アジアでトイレタリー製品向けに採用され、国内市場も開拓する。バイオマス由来樹脂を一部配合したタイプを開発しているほか、生分解性タイプの研究も進めている。ユポはもともと森林資源の保全を目的に開発されたもので、環境配慮型としての機能をさらに強化する。

インモールドラベルに新たにPET容器向けの基材をラインアップ

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る