通勤途中にある「アキバ(秋葉原)」。定期券があるので、何かにつけヨドバシカメラに行く。いつ行っても外国人が多く、うるさいくらいに活気があり、人によっては寄りつきたくない場所かもしれない。この巨艦店で最近驚いたことが2つある▼まず、酒売り場ができていたこと。俗な言い方をすれば、電気屋が酒を売っている。しかも店の中の一等地で堂々と。もうひとつは、ネット通販で注文した品物の受け取りコーナーが1階エントランス付近にスペースをかなりとって設置してあったこと▼6年前に購入した炊飯器の内蓋のゴムパッキンがゆるゆるになったのでネットで探していたら、ヨドバシの通販サイトで見つかった。すぐに注文すると、当日夕方に店頭で引き取れるというメールが届く▼受け取りコーナーには5人くらい並んでいた。しかし対応している数人の店員の対応が迅速で、待ち時間はほとんどなし。一日のうちに注文から受け取りまで済んだうえに送料ゼロ。再配達はできるだけ避けたいから、このサービスをまた利用したいと思った▼ヨドバシは、高利益率を誇る家電量販店業界の優等生。こういう変化への対応の機敏さが業績につながっている。でも、そのままであって欲しいものがある。「丸い緑の山手線、真ん中通るは中央線…」皆さんご存じのあの歌である。(19・7・24)

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

精留塔の最新記事もっと見る