ライオンは、足汗に着目した制汗剤の2019年事業方針を打ち出した。「Ban」ブランドから新製品を投入する。足のムレやニオイの原因となる足の汗が気になる人は約7割と多いが、実際に制汗剤でケアしている人は約2割にとどまっていることから「汗ブロック」シリーズから「足用ジェル」を発売、市場ニーズに応える。制汗剤市場は日本の平均気温の上昇や汗ジミやニオイに対する意識の高まりにより拡大傾向にある。今年も数%の市場拡大が見込まれており、ライオンでは足用に加え、スティック製品の改良、さらにシートタイプもラインアップを充実することで「Ban」ブランドの2ケア増を目指す。

スティックタイプやシートタイプなどの新製品を投入

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る