【上海=但田洋平】中国東北地方の遼寧省盤錦市でライオンデルバセルと現地の民間石化大手、遼寧宝来企業集団有限公司による石化計画が立ち上がった。両社はこのほど、110万トンのエチレンクラッカーを軸にオレフィンやポリオレフィンに誘導する計画の覚え書き(MOU)を交わした。今後10年間で総額120億ドル(1兆2840億円)の投資を計画し、低迷する東北地方の振興策として地元政府も全面支援する構え。川上の原料手当てにめどをつけ、今後は川下の誘導品も積極誘致していく。続きは本紙で

東北地区の産業振興も期待される(遼寧省でのMOU締結式のようす)

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る