ロームグループのラピスセミコンダクタは小規模工場向けのIoT(モノのインターネット)ソリューションを2018年末までに本格販売する。IoTソリューション「Lazuriteシリーズ」は、3種のセンサーノードから取得したデータを920メガヘルツ帯域無線通信でゲートウェイにデータ送信、工作機械の稼働状況をモニタリングするシステム。センサーを後付けするだけで稼働状況の見える化が可能な低価格のソリューションとして展開を強化していく。

Lazuriteシリーズ

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る