【デュッセルドルフ=清川聡】ランクセスは、「循環型経済(サーキュラーエコノミー)」「イノベーション」「デジタル化」の3領域を成長ドライバーに位置づける。「これらはバリューチェーンや産業界そのものを変革するテーマ」(フーバト・フィンク経営委員会メンバー)という認識で、同社の事業活動においても重要性が増している。これまでにも取り組んできたテーマだが、スペシャリティ企業として変革を遂げる同社のコア戦略に位置づけていく。続きは本紙で

フィンク氏

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

経営の最新記事もっと見る