リオティントは、電気自動車(EV)向けの電池関連を将来の成長事業に位置づけた取り組みを強化する。セルビアで鉱床を発見したリチウムについては、事業化に向けてマーケット調査や技術開発が進行中。また、リチウム以外でもコバルトやニッケルなど、正極材に用いられる鉱物資源についても着目しており、「どのような事業の可能性があるか調査を進めていく」(ジャン=セバスチャン・ジャックCEO)方針。

「コバルト、ニッケルの事業の可能性を調査する」と語るジャックCEO

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る