産業技術総合研究所の杉本慶喜研究員らのグループは、リサイクルされた炭素繊維の新たな活用法として「高性能セラミック被覆繊維」を開発した。リサイクルの過程で破断され強度など物性が劣化した炭素繊維に耐酸化性(耐熱性)や絶縁性といった通常の炭素繊維とは異なる付加価値でアップサイクルによる新たな活用を狙う。開発した繊維は通常の炭素繊維に比べ耐熱性が100~200度C高いため、宇宙航空分野など過酷な使用環境で用いられる複合材料などへの活用が見込まれる。用途開発に向け企業との共同研究を行いたい考え。続きは本紙で

炭化ケイ素被覆された繊維の顕微鏡写真

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る