リテルヒューズは、日本で車載向け電源用デバイスを強化する。自動車の電動化が急速に拡大するなかで、ヒューズなどの電源保護部品、パワー半導体、センサーをそれぞれ展開する。電気駆動車(xEV)の受給電システムなど、デバイス単体に加えてコンポーネントやシステム全体への訴求も推進する。ADAS(先進運転支援システム)などにともなう搭載機器の増大や駆動用電源の大電圧化、SiC(炭化ケイ素)デバイス導入などの機運を捉え、日本での存在感を一層高めていく。続きは本紙で

自動車の高度電動化による需要増に豊富なラインアップで対応する

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る