創薬ベンチャーのリボミック(東京都港区)は、得意技術である「核酸アプタマー」の産業応用に乗り出す。アプタマーはたんぱく質など特定の物質に強く結合するRNA分子で、これを医薬品にするのが同社の中核事業。一方でアプタマーの特性を利用すればバイオ医薬品の分離精製や診断薬、化学品分析など幅広い応用を見込め、実用化に時間のかかる医薬品に比べて事業化も早くできる。2年後をめどに新事業として立ち上げたい考えだ。続きは本紙で

アプタマーが標的物質の形状をとらえて強固に結合する

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る