住友化学グループのレインボー薬品は、緑地管理部門の強化・拡充策として戦略的に除草剤によるソーラーパネル設置用地の雑草対策ビジネスを加速させる。産業用メガソーラーの面積拡大やそれにともなうメンテナンス需要の増加を見込み、家庭園芸で支持を集める「ネコソギ」のブランド力を生かしつつ、利用場面に適した薬剤の提案、試験散布、迅速な供給体制により販売活動に拍車をかける。また、雑草防除メンテナンスが抱える人手不足などの課題解決に向け、自動散布機の開発プロジェクトも急ピッチで進めている。続きは本紙で

ソーラー用地向けの大容量粒状除草剤「ネコソギメガ粒剤」

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る