石油化学プラントなどのメンテナンス作業向け発光ダイオード(LED)製の高機能ペンライトメーカーである独レッドレンザー社の日本法人、レッドレンザージャパン(東京都墨田区)は、9月に日本の防爆検定に合格した新製品7機種を市場投入する。石化、ファインケミカル、医薬品、液化天然ガス(LNG)プラントなど防爆エリア向けで優れた作業性を実現した。近年、石化プラントでは防爆対策など法規制が強化されつつある。同社は新製品投入を機に、プラント作業向け業界標準を目指す。続きは本紙で

ペンライト(左)とヘッドライト。内外の防爆検定に合格したほかIP68を保有

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る