医療ベンチャーのレナサイエンスは、患者の話し声を人工知能(AI)が解析し、嚥下機能の評価を支援するシステムの開発を始めた。高齢者を対象としたクリニックなどでも簡単に利用できるシステムで、嚥下機能の低下を早期に識別でき、医師の負担軽減につながる。透析中のイベント予測や糖尿病治療支援システムなどの開発で培ってきたAIの知見を生かし、5年以内の実装を目指す。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る