ロータスマテリアル研究所(大阪市、中嶋英雄代表取締役)は、ロータス金属(一方向性多孔質金属)を使って高効率な熱電変換装置の開発を目指す。流体との接触面積が増える多孔質の特性を利用することによって発電量の増大が期待できる。同社は停電時の電力供給、化学プラントなど2次排熱を活用した冷熱発電など多様な用途を見込んでいる。同社は今後、熱電デバイスの開発を推進するとともに、温水機器メーカーなどと連携して装置開発に取り組んでいきたい考え。

試作したロータス型ポーラスシリコン

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る