産業用ヒーターや液面センサーを製造販売するワッティー(東京都品川区)は、新たにフューエル(燃料)向け小型液面アナログセンサーを開発した。独自構造によりフロートの上昇・下降をシャフト回転で取り出すことで、省スペース性とコスト競争力、センサー性能を両立する。建機車両や自動車、ガソリンスタンドなどの給油施設の燃料タンクを想定してサンプル提供を行い、2018年度の製品化を目指す。並行してIoT(モノのインターネット化)分野の取り組みも積極化し、新領域の開拓強化も進める。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る