8月に創立60周年を迎えた一丸ファルコス(岐阜県本巣市)。天然由来の成分を利用した化粧品・健康食品原料の開発を強みとし、業界を陰で支えてきた。さらなる躍進が期待される同社の安藤芳彦社長に抱負や今後の展開などを聞いた。

 - 創立60周年を迎えられました。
 「人間でいえば還暦で一つの区切りとなるが、あくまで通過点と捉える。化粧品・食品産業の裏方として業界全体が活性化するような原料供給をグローバルで担っていきたい」
 - 競合他社との差別化について。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

インタビューの最新記事もっと見る