第一工業製薬はセルロースナノファイバー(CNF)の設備増強を実施する。化粧品分野などで採用が拡大しているうえ、新規用途開拓に向けた製品開発を加速するため、今年度中に大潟事業所(新潟県上越市)で設備投資を行い、生産能力を引き上げる。高濃度での添加が可能な粉末タイプの新規CNFの市場探索を始めているほか、有機溶剤中に分散する疎水変性タイプの研究開発も進めており、CNFの事業化推進に弾みをつける。続きは本紙で

生産能力を増強する大潟事業所

 

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る