【シンガポール=中村幸岳】三井化学はアジア太平洋地域で、リサイクルしやすい包装材料を食品・飲料メーカーに直接提案する取り組みを始めた。グループが持つ高機能ポリオレフィンや同フィルムの知見を結集し、「モノマテリアル」(単一素材)による高機能包材の実現など、環境性や機能に関する顧客ニーズに総合的に応える。続きは本紙で

東南アジアでは高機能包装の普及が小売り業態の変化を促し、生活をより便利にしている

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る