三井化学の圧電フィルムを用いた各種センサーの応用開発が広がっている。村田製作所は折りたたみ可能な次世代スマートフォンなど向けに、圧電フィルムセンサーとタッチパネルを同一層に設けることで薄型のタッチパネル「タッチリーフ」を開発。折り曲げ角度を検知できる機能などを売り込む。同軸線構造の圧電センサー「ピエゾラ」は接触や振動のみを高感度に検知できる特徴を生かし、ベンチャー企業などが介護用ベッドや手術訓練用モデルなどを開発。実証試験やマーケティングに乗り出している。続きは本紙で

「ミューフレックス」を用い、村田製作所が開発した薄型多機能タッチパネル「タッチリーフ」

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る