【バンコク=岩﨑淳一】三井化学は、タイの工業用樹脂事業で包装用途を新たな柱に育成する。強みを持つアクリル系製品で包装製品の接着剤用などに展開し需要を取り込む。現地工場で生産する製品だけでなくグループ全体の製品を投入し、東南アジアの包装市場を深耕する。これまで二輪・四輪車を軸に水系、溶剤系製品で事業を拡大してきたが、包装用途も加えて事業基盤を一層強固にする。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る