三井化学は紙おむつ向けポリプロピレン(PP)スパンボンド不織布の高機能品比率を高める。柔軟高強度不織布「エアリファ」に続く新規開発品が早ければ来春にも採用される見通し。現在、紙おむつメーカーと最終調整を進めている。エアリファは来春から中国でも生産を開始し、日中タイの3拠点体制を構築。まず各拠点に1ラインを配置し、需要に合わせて既存ラインもエアリファの生産に切り替えていく。中空構造でPPの使用量を減らせるため、紙おむつごみの減容化につながる点も訴求していく。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る