【バンコク=岩﨑淳一】三井化学は、タイで紙おむつに使われる通気性フィルムの一貫生産体制を構築した。ポリプロピレン(PP)コンパウンド拠点で、通気性フィルムの原料となる直鎖状低密度ポリエチレン(LLDPE)と炭酸カルシウムの複合化の本格生産に乗り出した。供給量は順調に拡大しPPコンパウンド拠点の高稼働にもつながっている。タイでのグループ連携の深化によって安定供給と価格競争力の両軸で成長を加速する。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る