三井化学は、自動車の樹脂部品を顧客に提案する「デザイン&ソリューションセンター(D&SC)」を新潟県三条市に開設した。従来の材料供給にとどまらず、先手を打って川下の成形部品まで試作、部品・自動車メーカーに直接提案し、軽量、低コスト、開発期間の短縮などの利点を武器に、オール樹脂製の自動車バックドアなど大型部品の量産力を売り込む。「創って魅せるがキーワード」(福田伸常務執行役員)で、グループ会社の共和工業、アーク、ジャパンコンポジットを含め、設計、解析、成形、試作、評価にいたる一貫体制を強化。トータルソリューション提案力を高め、新たな顧客価値を創出していく。

車両1台が入る恒温恒湿槽を導入した

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る