三井化学は青果物の長期鮮度保持や長距離輸送を可能にする機能性包材「アドフレッシュ」を開発、今年度に市場投入する。独自開発したガス透過性の高い特殊な樹脂を用い、従来の長期鮮度保持包材と異なり、孔のないフィルムを実現。孔がないため、香りが逃げにくいといった多くの優位性がある。青果物の種類や品種ごとに異なる鮮度保持の最適条件や、鮮度保持に必要なノウハウを組み合わせたソリューションとして展開を目指す。続きは本紙で

「アドフレッシュ」による長期貯蔵後のシャインマスカット。輸出試験における評価サービスを始
めており今年度上市する

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る