三井化学グループは、歯科治療に先端のデジタル技術を導入しビジネスモデルの変革に挑む。歯科材料の子会社クルツァーは、CAD/CAMや3Dスキャナー・プリンターを用い千差万別の歯型に合わせた迅速な設計技術を蓄積。このデジタル技術のノウハウを歯科技工士に伝承するスキル向上のトレーニング・セミナーといったサービスを本格化する。さらに人工知能(AI)で、歯科医がスキャナーで患者から直接取得した歯型データをもとに歯にかぶせる補綴物(ほてつぶつ)を超高速で設計し、革命的な治療スピード向上につながる可能性を見いだした。AIによって多数の模型・試作品作りにかかる材料・時間・コストが不要になる。3Dスキャナー・プリンターやインキなど関連機材の本格展開に加え、デジタル技術を駆使できる技工士の育成ビジネスなど「材料売りからコト売りへの転換」(クルツァージャパンの大岡眞行社長)を視野に入れる。総入れ歯技術を得意とする米デンカなどグループの連携も深め、歯科治療分野で存在感を高める。

クルツァージャパンの大岡社長(右)と奥村靖廣氏

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

経営の最新記事もっと見る