【バンコク=岩﨑淳一】三井化学東セロは、タイの直鎖状低密度ポリエチレン(LLDPE)高機能包装フィルム製造拠点を通じて特殊品の強化に乗り出す。高度化するアジアの加工食品の包装材をターゲットとし、チルド系向けなどに売り込んでいく考え。タイ拠点では、破断強度が高い特徴がASEAN(東南アジア諸国連合)市場でも評価されて生産・販売量が増加している。今後、特殊品も投入して量と質の両面で成長戦略を推進する。

サイアム・トーセロの工場

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る