三井海洋開発(MODEC)は、先端技術を用いた既存事業領域の競争力強化とガス市場参入など新規事業育成を3年間で推進する。事業環境が好転している浮体式海洋石油・ガス生産・貯蔵・積出設備(FPSO)事業では、設計・建設と操業・保守(O&M)の関連性を強め、デジタル技術を用いた保守を全面的に採用する。新規分野では浮体式の天然ガス液化設備や水電気供給設備の早期受注を目指す。洋上風力発電、海底鉱物資源開発のための技術確立にも取り組む。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る