三井物産が日本の野菜種子産業の国際化に乗り出す。このほど国内種子メーカー2社と野菜種子の開発から生産、販売までを担う合弁会社を設立した。日本の種子メーカー各社が保有する優良な遺伝子資源と育種ノウハウによって海外のニーズをとらえた品種を取り揃え、世界の野菜種子市場に打って出る。手始めに、両社の既存品から現地の気候やニーズに適したものを選び、早ければ来年にも中国とインドで販売を開始する。パートナーとなる種子メーカーを広げ、ラインアップの充実を急ぐ。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

経営の最新記事もっと見る