▽ 化学部門出身のトップは42年ぶりです。

 「地球温暖化をはじめグローバルの課題を解決するには産業連関が欠かせず、化学はその中核を担うことを期待されている。大きな挑戦だが、従業員やパートナーと議論しながら変革期を乗り越えていく。全社の熱量は高まっており、こうしたモメンタムを大事にしたい」

▽ 商社も事業モデルの変革を迫られています。続きはこちら

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

インタビューの最新記事もっと見る