自動車部品メーカーの三井金属アクトは、自動車ドアの電動化開発を加速する。新車開発における電装化や電動化が進展するなか、新たにコンパクトなドア電動化ユニットを開発。また、同電動化ユニットとセンサー技術を融合した自動開閉ドアシステムの試作に成功した。同社では採用に向けて細部の改良を進める計画で、安全性や快適性を高める独自技術として自動車メーカーに提案していく。

「ヒンジセンタードライブ」とセンシング技術を融合した「オートサイドドア」

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る