三洋化成は、消費者目線に立った化粧品原料の提案に力を入れる。市場の細かなニーズをつかむ狙いで昨年から展開を始めた最終製品の育成を強化。より広くトレンドについての理解を深め、今後の原料や処方開発に生かす。主力のヘアケア向けに加え、成長が見込めるスキンケアやメーキャップ用の原料でも取引拡大につなげる。2021年3月期の化粧品原料事業の売上高は約16億円。海外の化粧品メーカーも開拓し、30年までに2倍の30億円規模に引き上げることを目指す。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る