三菱エンジニアリングプラスチックス(MEP)は、ポリカーボネート(PC)事業で次世代車向けの提案を強化する。エンジニアリングプラスチックで唯一の透明樹脂の性能を生かし、ヘッドアップディスプレイ(HUD)やタッチパネル、センサー関連など光学用途の需要を捉える。一方、内装用途には高意匠性PCで差別化を図る。アミューズメント向けに実績を持ち、昨年にはグッドデザイン賞を受賞。塗装レスの特殊色を武器に実績化を目指す。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る