三菱エンジニアリングプラスチックス(MEP)は、ポリアセタール(POM)事業で高機能品の提案を強化する。自動車向けでは摺動性や耐久性などに磨きをかける方針。一般的にPOM需要の40%強が自動車向けと想定されるなか、同社の出荷構成でも同等程度までの引き上げを目指す。また、欧米で食品や水回り関連規格の認証取得に向けた取り組みを強化する。付加価値品の取扱量を拡大することで、高収益な事業体質を確立させる考えだ。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る