東京商会(東京都千代田区、林勝茂社長)、菱江化学(東京都中央区、築地永治社長)、菱陽商事(東京都港区、村井修一社長)の三菱ガス化学グループの主要3商社統合へ向けた取り組みが進展している。第1段階として中間持株会社のMGCトレーディングが発足。2021年までの統合完了を目指し一体感の醸成を急ぐ。三菱ガス化学の倉井敏磨社長は「規模拡大および3社それぞれが持つ強みを結集することで市場でのプレゼンスを高めるとともに、グループにおける新規事業の育成を含めてグループ全体での成長につなげていきたい」と大きな期待を寄せる。

 

倉井敏磨社長

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

経営の最新記事もっと見る