三菱ガス化学は北米産の割安なシェールガスを原料にメタノールなどの化学品を生産する新工場の建設に向けた検討を進める。同社はカナダのシェールガス開発・生産プロジェクトに参画し、原料を安定確保できる強みがある。シェールガスの競争力を武器に地産地消することで、化学品の需要が旺盛な巨大市場の北米で存在感を高める。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る