三菱ガス化学は国内全工場の運転データを一元管理する仕組みを構築する。ビッグデータ解析や人工知能(AI)など先端デジタル技術の導入を加速度的に進める情報インフラを整備するのが狙い。まずは生産設備の異常予兆を早期に検知するシステムを全工場に順次導入し、トラブルの未然防止に役立てる。将来は運転データからさまざまな重要情報を抽出し、工場の生産性改革や研究開発、経営判断などに幅広く生かしたい考えだ。続きは本紙で

国内7工場で異常検知システムを導入する(写真は岡山県倉敷市の水島工場)

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る