三菱ガス化学は2020年までに水島工場(岡山県倉敷市)で透明ポリイミド樹脂「ネオプリム」のワニス(液状材料)製品の量産体制を整える。ネオプリムは高い透明性に加えて、画像のゆがみの原因となる「複屈折」が少ないなど優れた光学特性を持つ。折り畳めるスマートフォンなどの登場によりフレキシブルなディスプレイ部材の需要拡大が見込まれるなかで、新たな商機を取り込む投資でネオプリムを大きな収益源に育てる。

低複屈折など光学特性に優れるネオプリム(上)。フォルダブルスマホなどに搭載するフィルム部材用途の需要を見込む

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る