三菱ケミカルはスマート保安実現に向けた取り組みを加速する。全15事業所で予兆管理などを可能とするデジタル技術の導入とデータ管理などを自動化することで、オペレーションや業務の効率化を推進する。そのための専門組織を立ち上げ、事業所間の連携を強めていく。また、今年12月には水島事業所の「スーパー認定事業所」の認定取得を目指す考えで、石油化学プラントとしては認定第1号となる。

スーパー認定事業所の認定取得を目指す水島事業所

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る