三菱ケミカルは衣料用途向けにトリアセテート繊維「ソアロン」の環境特性を前面に打ち出す。素材と製造プロセスの両面から環境優位性を訴求する方針。素材面ではソアロンと再生ポリエステル糸を複合化したテキスタイルの本格提案を開始した。製造面ではアセテート原糸メーカーとしては初めて、繊維業界では環境保護などの基準で最も厳しいとされる「ブルーサイン」とシステムパートナー契約を締結した。2020年内に同認証の取得を目指す。原料から原糸製造、加工などにいたるまでの工程でサステナビリティを徹底することで、高まる環境ニーズに対応する考えだ。続きは本紙で

「ソアロン」を使用した製品例。風合いとエコの両立でアパレルの要望に対応する

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る