三菱ケミカルは、バイオプラスチック事業を拡大する。バイオポリブチレンサクシネート(PBS)のさらなるバイオ度向上や海洋分解性能向上などを追求するほか、自動車市場で採用が増えているバイオエンプラ「デュラビオ」の光学市場開拓など用途開発を加速する。これら既存2製品に加え、新しい複数のバイオポリマー開発も進めている。世界オンリーワン製品としてバイオプラ群を拡充し、世界の環境規制強化を追い風とするほか、独自の性能を発揮させニーズを取り込んでいく構え。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る