発足から1年を経た三菱ケミカル。監督と執行を分ける目的から越智仁前社長は親会社の三菱ケミカルホールディングス社長に専念し、三菱ケミカルは4月1日付で就任した和賀昌之新社長が率いる。社内外に強い存在感を誇る小林喜光氏、越智氏の前2代社長にも劣らぬ異彩を放つ和賀氏。統合2年目を迎えた単独で国内最大の化学会社にどんな新風を持ち込むか。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

経営の最新記事もっと見る