三菱ケミカルは、リチウムイオン二次電池(LiB)用負極材の次世代品開発を加速する。開発拠点だった筑波研究所(茨城県稲敷郡)を閉鎖し、製造拠点の香川事業所(香川県坂出市)に開発機能・人員を集約。製造と一体化して取り組んでいる。同社は高容量で優位な天然黒鉛を原料に用いているが、天然系の課題である膨れを抑えるプロセス開発にめどを付けた。今後、性能を高めた次世代品を相次ぎ投入する計画で、先進国を中心とする車載向け市場で世界トップを狙う。続きは本紙で

香川事業所では炭素製品を中心に多様な製品群を製造している

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る