三菱ケミカルは、メソフェーズピッチ系炭素繊維「ダイヤリード」の増強を検討する。従来型の高剛性を生かした展開に加え、高い熱伝導率や低熱膨張性に着眼した展開も進めており、短くカットし樹脂と配合して使う展開に加え、長繊維のまま使用する熱交換器のような用途例も徐々に増加。設計や成形の提案まで踏み込むことで、新たな需要創出につながっている。好調な需要を背景に坂出事業所(香川県)の生産設備はほぼフル稼働が続いているため、「増能力についての検討も始めている。今年の売り次第で決断したい」(芹澤佳津也炭素繊維複合材料事業部長)という。続きは本紙で

高い熱伝導率や低熱膨張性を生かした用途展開も進める「ダイヤリード」

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る