三菱ケミカルは、石油化学の新技術に磨きをかける。水島事業所(岡山県倉敷市)に設置しているパイロット設備群のうち、エチレンの3量化によるヘキセン―1製造プロセスで新たな技術供与先が増えるなど、技術のブラッシュアップが進んでいる。さらに水島では、未利用留分を更に有効活用するためマルチパーパス設備を建設する計画。これらの取り組みにより石化事業の基盤を強化し、付加価値向上につなげる。

3つのパイロット設備がある水島事業所

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る