三菱ケミカルは、電気自動車(EV)向けを中心に需要が拡大しているリチウムイオン2次電池(LiB)材料の生産能力を相次ぎ増強する。世界トップの電解液は日英米の既存工場で増強を進め、中国を含む世界4極体制を一段と強固にする。負極材についても日本および中国の既存工場で増産体制を整える。一方、増強と並行して次世代品の開発も着々と進めている。電解液では新たに開発した高機能添加剤が寄与し、来年から幅広い車種への搭載が見込まれる。負極材も出力や耐久性などに優れる次世代品の開発にめどを付けつつあり、先進国を中心とする車載向けで世界トップシェアを目指す。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る