【バンコク=岩崎淳一】三菱ケミカルは、タイのメタクリル樹脂(PMMA)生産拠点で、塗料用ビーズレジン商業化の検討に入った。自動車用テールランプ用途などを中心に供給する一方、製品群の幅を広げながら高付加価値化を図り、収益力の向上につなげる目的。設備の併用化に向けて投資計画の詳細を詰めていく。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る