三菱ケミカルアクア・ソリューションズは、グローバル市場で膜分離活性汚泥処理法(MBR)用水処理膜の需要を捉える。代理店網を築く中国で大小の案件を数多く受注しており、欧州でも代理店網を広げることで現地需要を確実に捉えていく。MBR市場は年率3~5%で成長しており、近年はとくに大型下水処理施設でMBRを採用するケースが増えている。代理店を活用することで実績を積み上げ、MBRトップの仏スエズを追い上げる。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る