三菱ケミカル物流は、荷主の工場・事業所地区における物流拠点整備を進める。第一弾として、三菱ケミカルの富山事業所(富山市)内でテント倉庫の新設に着手した。今年秋をめどに竣工し、運用を始める。外部に分散して借りている保管拠点を製造現場に確保し、出荷元としての体制を拡充する。ドライバー不足が深刻化するなか、横持ちをなくすことにより輸送の安定化にもつなげる。他の地区についても三菱ケミカルをはじめとした荷主との連携により保管体制の整備を検討していく。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る