三菱ケミカルホールディングスは、総合力を生かし自動車部材で攻勢をかける。業界で最も細いアクリル繊維を活用した不織布タイプの吸音材を開発。ポリプロピレン(PP)では溶融特性に優れたメタロセン触媒タイプを開発、発泡やフィルムなどさまざまな加工品でサンプルワークを開始したほか、ガラス繊維を混ぜても良好な外観を維持できるメタロセンPPの実用化にもめどを付けつつある。また、樹脂と金属など異種素材の複合技術についても応用の幅が広がり、樹脂単体では難しい部品への採用増へグループを挙げ取り組む。分析などまで手掛けるグループ総合力を前面に、求められる軽量化や省エネ、環境対応など自動車業界のニーズを取り込んでいく。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る